ISOへの取り組み
  • EMS・環境への取り組み
  • ISMS・情報管理について

情報セキュリティマネジメントシステム基本方針

このページをプリントする
ケントクは情報セキュリティ管理に積極的に取り組みます。

情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)基本方針

株式会社ケントクは、本社、ビルメンテナンス事業及びフードサービス事業等をとおして、お客様や関係者の重要な情報を取り扱う企業として、情報セキュリティの重要性を十分に認識し、法令の要求事項を順守するとともに、情報資産を適切に保護することに努めます。そのために、情報セキュリティマネジメントシステム(以下、「ISMS」といいます。)を確立し、維持します。また、経営環境の変動等を常に認識しながら、ISMSの継続的な改善を行ってまいります。

・ISMSの適用範囲は、わが社で取り決めた本社、ビル事業本部、各本部・各支社、フード事業本部の事務所とします。

・ISMSの構築、推進に当たって、推進メンバーで構成される情報セキュリティ管理委員会(以下、「ISMS委員会」といいます。)を設けます。ISMS委員会は、ISMSの確立、導入、運用、監視、見直し、維持及び改善に関わる重要事項を審議、承認するものとします。

・情報セキュリティの重要性を十分に認識し、特定された、事実上の要求事項、法令の要求事項、規制の要求事項および契約上のセキュリティ要求事項を順守するものとします。

・特定された要求事項を満たすため、リスク評価基準及び文書化された手順を確立し、比較可能でかつ、再現可能な結果を生み出すリスクアセスメントを実施します。

・適用要員は、情報セキュリティに対する知識と意識を向上させ、情報資産の適正な利用を行うように、継続して教育訓練を実施します。

・適用要員は、情報セキュリティの違反を犯した場合、社内規定等の懲戒手順が適用されるものとします。

・この基本方針を適用要員に周知し、社内外に公表します。

合 掌   2010年8月31日

代表取締役社長森芳昭(サイン)
ISMS リンク1 リンク2 リンク3
平成23年(2011年)11月 ISO27001認証取得    ※画像をクリックすると、対象職場をご覧いただけます。